「本」の未来をめぐる“若手”情報発信サイト

    第12回図書館総合展フォーラム:「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション 2010年11月24日(水)15:30~17:00開催

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    パネルディスカッションの論点

    2日後に迫った図書館総合展フォーラム、「『本』の未来をめぐる若手パネルディスカッション」で議論する予定の項目を、簡単にご紹介します。
    「今いる場所=図書館や出版社の現場、若手という立場」から見える“今”の「本」の世界を出発点に、今自分が何に取り組み、どんな未来を目指すのか。
    それぞれのパネラーが現場で取り組んでいることの「核」にせまります。
    ディスカッションを楽しみにしつつ、ブログをご覧の皆様にも一度考えていただけると幸いです。


    論題:
    今いる場所(図書館や出版社の現場、若手という立場)から「本」の未来をつくる
    ―図書館や出版社の現場から考える「本」の未来―

    ①今の「本」の話
    ・パネラーの皆さんが今取り組んでいること
    ・読書環境が変化?ソーシャルリーディングってどう?
    ・「図書館」「出版社」など、既存の各業界の境界線はあいまいに?

    ②未来の「本」の話
    ※未来=これから、明日からでも来年からでも
    ・本の未来、またそれに関わるお互い、ひいては社会全体が幸せになるには
    ・これからやりたいこと、野望
    ・そのためのアイデア、必要な技術、必要なコラボレーション


    壇上のパネラーも、フロアのお客様も、「本」の未来をつくるプレイヤーとして、それぞれに自分が思うことを実現していくためのきっかけとなりますように。
    スポンサーサイト

    | 未分類 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://honnomirai.blog106.fc2.com/tb.php/11-17128106

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。