FC2ブログ

    「本」の未来をめぐる“若手”情報発信サイト

    第12回図書館総合展フォーラム:「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション 2010年11月24日(水)15:30~17:00開催

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    図書館総合展フォーラム『「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション』詳細

    第12回図書館総合展フォーラム
     「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション

    日時:
     2010年11月24日(水)15:30~17:00
    場所:
     パシフィコ横浜(第8会場)

    主催:
    図書館総合展運営委員会
    協力:
    アカデミック・リソース・ガイド株式会社

    コーディネータ:
     原聡子(国立国会図書館)

    パネラー:
     浅井愛(Web文芸誌『マトグロッソ』編集長)
     内沼晋太郎(numabooks)
     梶原治樹(扶桑社)
     高橋真太郎(鳥取県立図書館)
     谷航(大学図書館員)
     宮田和樹(実業之日本社)

    開催趣旨:
     「電子書籍元年」とも言われ、電子書籍や本のデジタル化が話題になった本年、様々なシンポジウム等で「本」の未来について語られてきました。このフォーラムは、図書館員や編集者など、「本」に関わる現場で働いている若手によるパネルディスカッションです。それぞれの現場で働きながら、電子書籍やデジタル化への流れの中で何を考えているのか。組織としての立場からは離れ、一図書館員・一編集者として、そしてこれからを担う世代の一員として、「本」の未来を語ります。
     紙/デジタルの二者択一ではない「本」のあり方の模索、扱う情報が変化・多様化していく中での「図書館」「出版社」の行方、職業人または一読者として未来の「本」へのコミットの仕方などを、それぞれのパネラーが自分自身の言葉で語ります。
     若手らしく、軽快にテンポ良く議論を進めようと準備をしています。会場全体で盛り上がるためにも、多くの方々のご参加をお待ちしております。

    第12回図書館総合展フォーラムプログラム

    お申込みはこちらから
    スポンサーサイト

    | 未分類 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://honnomirai.blog106.fc2.com/tb.php/2-a70fab80

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。